■入院・治療用パジャマのお店
■プロフィール

こあらマスター

Author:こあらマスター

「こあら」 代表
◆仕事の歴史
 ☆カメラ、光学機器の開発
 ☆資産運用アルゴリズムの開発
◆これから目指すこと
 ☆病気や怪我と闘う子供達に元気
  のエネルギーを送りたい
 ☆医療従事者の負担を軽減を通じ、
  患者に快適な医療を提供したい

e-mailはこちらから

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■リンク
■Click Please!

  育児ブログ・ランキング

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■全記事表示リンク
■カテゴリ
■検索フォーム

■カウンター

Since 2009.06.30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ  ☆記事に興味を持っていただけたらクリックお願いします!
スポンサー広告 | --:--:--
『こあら』の課題
『こあら』の商品はこあらナースさんの20年来の想いを形にしたものです。
患者ご本人は勿論のこと、付き添いの方、看護師などの医療従事者の負担も軽くすることで治療環境が改善され、一日も早く病気が治ることを願って始めました。
なので、できることなら私達の商品は必要とする人がいつでも手が届く形で提供したいと考えています。

9月1日お店をオープンしましたが、私達の一番の課題は『値段』です。

フラットシーマーのアップ入院中は一日中パジャマで過ごすことが多いと思うので、少しでも着心地の良いパジャマに仕上げたいと思い、縫製は国内でもトップクラスの縫製工場にお願いしています。
例えば袖の縫い付けは、寝ているときの肌への刺激を少しでも抑えるためにフラットシーマーという方法で縫いつけています。フラットシーマーはベビー服や水着などで良く採用されている方法ですが、きれいに仕上げるには、裁断から縫製まで高度な技術が要求されるので、必然的にコストは高くなります。

「いつでも手が届く形」という私達の目標の中には、値段も手頃であることという意志が込められています。単に機能や品質だけを考えて作るのではなく、それを手頃な価格で実現するということは、私がカメラの開発をやっていた頃に諸先輩の方々から教えられたことです。
今は数量が少なく、コストダウンの原資は限られますが、数量が増えることで可能となる施策はたくさんあります。
多くの人に商品の良さを知ってもらい、少しでも早く手ごろな価格を実現したいと思っています。


※おことわり
フラットシーマーの説明で、写真入りで詳しい(株)ミヤモリさんのサイトにリンクさせてもらいましたが、私達が縫製をお願いしているのは(株)ミヤモリさんではありません。ご迷惑でしたらリンクを外しますので、ご連絡ください。⇒(株)ミヤモリさんのブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ  ☆記事に興味を持っていただけたらクリックお願いします!

テーマ:よりより治療環境を考える - ジャンル:心と身体

日記 | 12:26:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。