■入院・治療用パジャマのお店
■プロフィール

こあらマスター

Author:こあらマスター

「こあら」 代表
◆仕事の歴史
 ☆カメラ、光学機器の開発
 ☆資産運用アルゴリズムの開発
◆これから目指すこと
 ☆病気や怪我と闘う子供達に元気
  のエネルギーを送りたい
 ☆医療従事者の負担を軽減を通じ、
  患者に快適な医療を提供したい

e-mailはこちらから

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■リンク
■Click Please!

  育児ブログ・ランキング

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■全記事表示リンク
■カテゴリ
■検索フォーム

■カウンター

Since 2009.06.30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ  ☆記事に興味を持っていただけたらクリックお願いします!
スポンサー広告 | --:--:--
ホールガーメントのその後
以前ホールガーメントのことについて書きましたが、先日その機械を作っている(株)島精機製作所に行ってきました。
(株)島精機製作所の本社は和歌山。調べてみると和歌山にはパジャマを作っている縫製工場が多く、繊維産業が盛んなようです。そう言えば、昔お付き合いのあった太洋工業(株)というフレキシブル基板のメーカーも、元々の捺染用の版を作っている会社でした。

ホールガーメントとは昔ブラザーが売っていた、手で左右に動かして編む機械の発展型だそうです。もうブラザーの販売は終了したようですが、こちらのブログに写真が載っています。
和歌山はちょっと遠いので、今回は大阪営業所でいろいろお話しを伺いました。無縫製という特徴を生かし、高級ニット製品では結構引き合いがあるそうで、ホールガーメント編み機の一番の納入先はイタリア、二番目が日本ということでした。
話を伺う前の予想通り、前開きの細かいゲージの物はやはりコストが最大のネック。一般消費者向けの製品では、かぶり物の大きめのゲージの物でないとコスト的に厳しいようです。
つまり、ホールガーメントの製造コストは機械の償却コストで決まるので、タクトタイムが長いとその分割高になります。前開きは往復距離が長くなり、細ゲージは往復回数が多くなるので、パジャマの様な優しい肌触りが要求される物ではコストが合わないということですね。

ということで、ホールガーメントの調査は今回で終了。別の手段を考えます。



ブログランキング・にほんブログ村へ  ☆記事に興味を持っていただけたらクリックお願いします!

テーマ:こいつは使えるぞ - ジャンル:ビジネス

メモ | 03:57:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。